即日で最短の時間指定がしたくなるほど!赤ワインが安い店♪ファルネーゼファンティーニ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォが人気♪

1,000円前後のワインは当たり外れのあるものが多いのですが、これは当たりでした。売り上げが多い理由はお手ごろ価格だからです。最近では本当に市民権を得てきましたね。

2月22日 おすすめ♪

2017年02月22日 ランキング上位商品↑

ファンティーニ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ ファルネーゼ 赤ワインファンティーニ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ[2015]ファルネーゼ(赤ワイン)[Y][A][P]

詳しくはこちら b y 楽 天

かなりパワフルに感じました。どんどん大きくなって、いろいろ新しいワインをリリースしてますね。¥1000のワインでかなり楽しめました。ソムリエールに開けてもらってください・・・なんちって。No.1だと思って!期待しすぎると外れます。モンテプルチアーノはちょっと野性味強くて敬遠しがちなんですが!ファルネーゼを信じて購入。おいしかったので!ラベルをもらって帰ってきたところ!タカムラさんにあったので!「え?この値段は本当??」と疑いました。美味しく頂きました。瓶は高級感があって贈答には最適かも…まさか、このワインが1080円だとは思われないでしょう(笑)夏を迎えて、氷をいれたり、炭酸で割ってキンキンに冷やしてスパークリングで飲むというのもいいかも知れません。ユーロ安も寄与しているのかもしれません。モンテプルチャーノ・ダブルッツォはもともと気の置けないDOCワインですので!気軽に楽しみたいですね。五点満点とは行きませんが、四点くらいはあげていいのじゃないかな…かなり「えこひいき」かなあ〜ファルネーゼは以前から大好きで2006年のお値打ち版は普段使いにずっと飲んでいました。ワインはやはり飲み始めて一年くらいではそのおいしさは味わえないし、感動などもできやしません。生ハムの類や熟成チーズならそのまま合わせてオッケーです。ファルネーゼはこちらのショップが紹介なさってから(?)日本で大当たりです。肩肘張らずにデイリーで楽しみたいワインです。2007年のこちらのほうがおすすめできます。お手頃価格の分!味もそれなりですがあまり料理の邪魔をしない!合わせ易いワインかと思います。でも!やはり基本はモンテプルチャーノ・ダブルッツォかと思います。イタリアのモンペラと言われるファルネーゼのお安いレンジです。安くてそれなりにウマい。このモンテプルチアーノそのものに感動はしませんが!こうしてワインを飲んでいると!かつて飲んだワインの感動がよみがえってきます。ほんのり甘味もコクも感じるしリピしてもいいかな?と思いますが箱買いするほどでは無いものの!満足出来る一品でした。16世紀からイタリアでワイン造りをしているファルネーゼ家の!売り上げNO.1商品が!このモンテプルチアーノダブルッツォだそうです。もっともぼくにはそんなヴィンテッジもの!全く縁が遠いですが!ワインに感動するという点では同じだと思います。味は、妙なスパイシーさも無くてスムーズな飲み口で、しつこくない程度にしっかりした味のワインです。ちなみにコルクはプラスチックですから、自分で開栓すると味が半減します。モンテプルチアノ・ダブルッツォ!これで三種類目です。やや甘めで!渋みはほとんど感じず抜栓直後から飲みやすい。香りも味も!この価格を考えれば合格点以上だと思います。「酔う」ということは単なる結果であって「酔うためにワインを飲む」のではないことに気が付くのに!私は10年かかりました。やはり相応の知識は必要ですし、感覚の鋭さも必要です。え〜そうなんですよ、「ワインは感動」なのですよ。合わせる食材はお安いワインですけど!やや強い味つけにするなど!多少こだわったほうがいいと思います。その為、イタリアワインにして見ましたが一口飲んでやっぱり渋みが気になってしまいました。アドリア海の穏やかな気候の恩恵を受けた、素敵な果実を味わっていただきたいです。気軽にリピートです。ビンとラベルはいつものファルネーゼのシンプルでクリアなもの。個人的なブドウの好みはサンジョベーゼの方なのですが、同シリーズのあちらは開けたては舌触りがざらざらする感じがありました。そこで!漫画「神の雫」で行っていたデカンタージュを思い出し適当な器に移し真似事をしてみるとあら不思議!渋みが落ち着き美味しいワインになりました。人口コルクで最初ちょっと寂しい気もしましたが、開けるのに2006年版みたいにぽろぽろしないのも、実用的で助かります。ヴァレリー・アファナシエフというピアニストの番組を見ていたら!1918年のシャトー・オーブリオンなんかが出てきまして「ワインは歴史そのものだ」という趣旨のコメントがありまして!非常に共感いたしました。今度のホームパーティーで開栓します、生ハム・チーズを取り寄せ、自家製ピザを焼いて・・・楽しみです。今回2006年と2007年を一緒にあけて飲み比べてみました。やはりこれは家飲みにするしかない!とオーダーしました。大絶賛するほどではないですがデイリーワインとしては満足です。第一印象は「甘い」、といっても「まずい」ということではなく、ぼくは「甘い」のも好きだから、決して悪くはありませんが、やはり値段相応かなあ〜というものでした。パスタにあわせてもいいし、気楽に飲める味です。イタリアンレストランで出会ったのが最初でした。正直にいって赤ワインは苦手です。ワインの味がそう分かる方でもないのですが!重めの赤が好きで買いました。フルーティな香り!味も柔らかくて!いいです。サンジョベーゼに続いて!モンテプルチアーノも飲んでみました。。こちらのほうが開けたてからするっと滑らかに飲めますね。一般の店頭で売られている2,000円程度で価値はありそうです。ということで!このモンテプルチアーノも十分楽しんでいただきました。まだ飲んでいないので!星マイナス1つです。だって、4千円くらい払ったんです。そうして色々経験しているうちに「蓄積」を楽しむことができるようになりました。ジューシーで豊満。もともとモンテプルチアーノダブルッツォは!安くて旨いワインの代表格。値段を考えると本当にお徳です。よく飲んでいるイタリアのファルネーゼの一品です。飲んでみてもそんな感じでしょうか!モンテプルチアーノの野性味がうまく昇華していて濃厚な感じに閉じ込められていて好印象です。安っぽいアルコール感は無くコストパフォーマンス良好です。渋みがダメで避けてました。ただ赤ワインの美味しさが分かりたいと思って大好きなパスタに合わせて見ました。チーズや生ハムには相性いいです。レストランでは。パスタやなんかはもちろんですけど、この次期だと、キンキンにひやしたスライストマトとか、アボカドとか、シンプルな食材に合わせたいですね。トマトソースベースの軽めのイタリア料理(パスタ!ピザ!カツレツ)や一般的な家庭での肉料理(ステーキ!生姜焼き!すき焼き!ロールキャベツ)などには!それほど違和感がなく合いました。濃いめの中口。迷ったら買いです。値段の割には満足感が高かったです。